坂東市・常総市の小学生中学生限定!市内で一番おせっかいな指導で成績を上げる個別進学塾です

常総学院高等学校

塾長より

弟が常総学院の出身で、丁度、木内監督が常総学院に来たころでした。野球が強かった時代なので、高校3年間で5回も学校から甲子園に応援に行ったそうです。今になっても、甲子園の季節になり、常総が茨城県の代表になると、野球観戦が楽しみになります。負けちゃうと、個人的関心がなくなるのも事実です。
常総学院は野球と吹奏楽が特別扱いの部活なので、人並み以上でないと入れません。そのほかの部活は通常扱いになります。
また、甲子園で春と夏全国制覇しています。知名度は全国区です。スポーツだけではなく、学力も優秀です。
今年の韓国船沈没で高校2年生の修学旅行先が台湾に変更になりました。
常総学院中学校も併設していますが、内部生として扱われています。
常総学院高等学校

ホームページ

https://www.joso.ac.jp/high

略称

常総、常総学院

コース別偏差値

  • 特進選抜αコース(64)
  • 特進βコース β7(55)
  • 特進βコース β6(48)

特進選抜αコースは2年次は理系最上位層を対象に医学部理系選抜クラス、文系最上位層には旧帝大をめざす文系スーパークラスを設置している。

平成26年度入学試験結果

推薦入試結果(単願)

入試状況(過去3年間)

志願者 受験者 合格者 倍率
平成26年度 177 177 175 1.01
平成25年度 186 186 184 1.01
平成24年度 165 165 163 1.01

合格者科目別平均点

国語 英語 数学 平均
α 82.4 83.5 85.6 251.5
β7 66.1 63.4 68.4 197.9
β6 54.4 50 50.1 154.5

一般入試結果(単願・併願)

入試状況(過去3年間)

志願者 受験者 合格者 倍率
平成26年度 3124 3097 2839 1.09
平成25年度 2881 2846 2643 1.08
平成24年度 2383 2348 2213 1.06

合格者平均点

国語 英語 数学 社会 理科 平均
α 85 80 80.3 80.4 89.9 415.6
β7 72.2 59.7 63.6 62.8 72.9 331.2
β6 66.1 53.1 56.9 54.5 61.8 292.4

住所

土浦市中村西根1010

高校の概要

中高一貫6年制課程の常総学院中学校と、3年制の常総学院高等学校から成る。
野球部や吹奏楽部の活躍が全国的に有名である。
元木内幸男監督率いた野球部は夏の甲子園の常連であり、春夏通じて優勝2回、準優勝2回という成績を残している。現在、長年コーチをしていた佐々木力監督に代わっても伝統を受け継ぎ全国区の強豪校で名を知られる。
吹奏楽部は、規定上による3回連続出場のための欠場を除いてほぼ毎年全日本吹奏楽コンクールに出場し、2013年までに金賞を14回、銀賞を3回受賞している。
全国トップクラスの大学進学率を誇り、東京大学理科三類(医学部)をはじめとした国公私立大学へ多数の合格者を輩出。国公立大学や防衛大学校などに毎年100名以上が合格している。
生徒一人一人へ非常に面倒見が良く進学へ力を入れており、また登録制で駿台予備校の映像配信授業などを利用出来るため、基本的に塾や予備校へ通う必要がなく、通う生徒も少ない。

広大なスクールバス網により茨城県南部地域や千葉県北部地域から多くの生徒を集め、2001年頃には最大1学年23クラスを数える状況だったが、現在のクラス数は1学年16クラスほどである。また「鴻志寮」と呼ばれる学習寮があり、中等部・高等部の全クラスで年1回2泊3日の「学習合宿」を実施している。

全国的な高等学校の未履修問題発生時には、本校でも履修漏れが発覚した。

進学情報

2010年から2014年(過去5年間実績)
国立大学 558名
医学部医学科 51名《うち国公立 11名》
早慶上智ICU 120名
GT-MARCH 733名
学習院(G)東京理科大(T)明治(M)青山学院(A)立教(R)中央(C)法政(H)
その他私大 3469名

学校生活

・ 2002年度までは10月1日が創立記念日として休日であった。しかし、祝日のハッピーマンデー化が進む社会情勢に鑑み、2003年度よりこれを10月の第1月曜日に変更している。
・ 2001年度以降、基本的に毎月第2・第4土曜日が「ゆとりの日」として休日となる。
・ 給食制であるため、弁当を持参する必要がない。
・ 学園祭は「常友祭」と呼ばれ、毎年11月に行われる。
・ OBで元プロ野球選手の仁志敏久や、原田敏和校長と学友である丸山和也参議院議員の講演会なども開かれた。入学式・卒業式には丸山和也参議院議員が出席することがあり、来賓祝辞を述べる。
・ 高校の修学旅行は2年次の3月中旬に韓国へ行き、現地の姉妹校と交流をするのが恒例。平成26年度の韓国沈没船事故により台湾に変更になった。
・ 中学校の修学旅行はニュージーランドである(名目上は『語学研修旅行』となっている)。
・ 高校3年生は12月の授業終了時から自由登校となり、その後には選択授業が開かれる(任意出席)。
・ 中学3年生は12月の授業終了時から自由登校となり、その後には選択授業が開かれる(任意出席)。
・ 授業では、教師陣による自慢のオリジナルテキスト・問題集を用いるため大変密度が濃く、学力上位クラスにもなると平日も特別講座と称した必修の授業があるため8時間授業となる。
・ 学校生活や学習面、進路についてなどを二者面談して、心のケアなど真摯に対応する。
・ 7月下旬~8月も午前中は必修の特別講座があり、午後は任意での選択授業がある。前半と後半があり、その間に夏休みが約2週間ある。
・ いじめや暴力は断固として許さず、発覚すると停学処分となる。また、駐輪場の自転車を窃盗すると退学処分となる。ただ、日頃の厳しい規則のおかげか、実際は問題を起こす生徒がおらず、全体的に落ち着いている。

常総学院出身の有名人

野球関係

・ 木内幸男(野球部前監督)
・ 島田直也(元プロ野球選手・常総学院→日本ハム→横浜→ヤクルト→大阪近鉄→信濃グランセローズコーチ)
・ 仁志敏久(元プロ野球選手・常総学院→早大→日本生命→巨人→横浜→ランカスター・バーンストーマーズ)
・ 金子誠(プロ野球選手・常総学院→日本ハム)
・ 横川史学(プロ野球選手・常総学院→青山学院大→楽天→巨人)
・ 大崎雄太朗(プロ野球選手・常総学院→青山学院大→埼玉西武)
・ 坂克彦(プロ野球選手・常総学院→大阪近鉄→楽天→阪神)
・ 清原大貴(プロ野球選手・常総学院→阪神)
・小池翔大(プロ野球選手・常総学院→青山学院大→ロッテ)
・ 渡辺孝矢(プロ野球選手・常総学院→石川ミリオンスターズ)
・ 大川裕士(プロ野球選手・常総学院→専修大学→石川ミリオンスターズ)
・ 仁平翔(社会人野球選手・常総学院→茨城ゴールデンゴールズ)

バドミントン関係

・ 坂本修一(常総学院→筑波大学→日本ユニシス)
・ 米倉加奈子(常総学院→つくば国際大学→茨城トヨペット→ヨネックス)
・ 山本静香(大阪府瓜破西中→常総学院→ヤマハ(廃部)→三協アルミ(廃部)→ヨネックス→2005年結婚後、三菱電機へ移籍)
・ 大山宏司(阿見中→常総学院→近畿大学→トナミ運輸)(2006年引退)
・ 矢部正博(常総学院→日本体育大学→日本ユニシス)(2005年3月引退)
・ 小林広季(朝日中→常総学院→YKK九州)

その他スポーツ関係

・ 阿部吉朗(プロサッカー選手・常総学院→流通経済大学→FC東京→大分トリニータ→FC東京→柏レイソル→湘南ベルマーレ→ヴァンフォーレ甲府→ジュビロ磐田)
・ 山野井智広(競泳選手・常総学院→中央大学)
・ 岡崎崇徳(テニス選手・常総学院→法政大学→リコー)
・ 渋谷嘉広(ラグビー選手・常総学院→専修大学→リコーブラックラムズ)

その他

・ 櫻井富夫(学校法人常総学院理事長・茨城県議会議長)
・ 神代修(トランペット奏者・常総学院→東京芸術大学→東京フィルハーモニー交響楽団)
・ 岡田慎一郎(介護支援専門員、介護福祉士)
・ かぐら /飯嶋康平(J-POPグループ)
・ 平塚八兵衛(警視庁職員・刑事)(旧制常総学院中学校卒)

施設

  • ラウンジ
  • サテネット
  • 体育館
  • 第1グラウンド(校舎前方)
  • 第2グラウンド(校舎後方)
  • 弓道場
  • テニスコート
  • 野球場
  • 図書館

夜間図書館

施設

同窓会

常総学院高等学校同窓会

お気軽にお問い合わせください TEL 0297-39-2524 受付時間 14:00~21:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 渡辺学習塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.